きゅうじのブログ はてな版~日本人として知るべき出来事。

日本人自身が本当の歴史を知ることが一番大切だと思います。特亜の嘘に対して日本人の誰もが事実に基づききちんと反論することが大切だと思います。

★パヨク教師ミズポ

女子高生『父が自衛官で・・』左翼教師 発狂するも クラスメイトが戦闘モードに!!

動画を見た後、非常に爽快な気分になりました。ざまあみろパヨク教師ミズポ!!

ーーーーー

最近は先生が生徒のSOSを加害者に伝え。殺人事件が起きてしまったり、

拉致被害者めぐみの上映」は在日を傷つける等で生徒には見せない事にしたなど納得のできない教育に関する問題が多いですよね。

私たちの常識とかけ離れていると思いませんか。

皆さんは、安倍前首相が「日教組日教組!」と飛ばしたヤジの事を覚えていらっしゃいますか。

当時、民主党玉木雄一郎氏が、西川公也農林水産相(当時)の「政治とカネ」問題を追及していたところ、安倍晋三首相が閣僚席から「日教組日本教職員組合)はどうするの」などとヤジを飛ばしていた件です。

安倍前首相はかつて北教組(北海道教職員組合)の違法献金事件で民主党議員が辞職に追い込まれた件を指摘したのです。

「おまえが言うな!」

という気持ちだったのでしょう。

奇しくも、この時「政治とカネ」問題を追及していたのが獣医学会から献金をもらっている玉木雄一郎だったのだから時空を超えてのブーメランだったとも言えます。

はっきりいって教職員組合という名称が付く団体にろくな団体がないことはもう皆さんもご存知だと思います。

だいぶ少なくはなってきているのですが、式典では「国歌斉唱をしない」などと偏った思想の教員がまだまだたくさんいるのです。

数ある教職員組合では日教組が一番有名ですが、現在では日教組の組織率は30%をきっています。もともとは戦後、GHQが日本の教育を破壊するために作られた組織で「教職員組合日教組」というような状態でしたが、思想の違いにより今では分裂しています。

※主な教職員組合

日教組日本教職員組合左矢印旧民主党系支持

全教(全日本教職員組合左矢印共産党支持
全日教連全日本教職員連盟左矢印自民党支持
日高教右派(日本高等学校教職員組合左矢印全教傘下

全大教全国大学高専教職員組合左矢印日教傘下

ただ、戦後一貫として続けてきた自虐史観教育も日教組等の影響力が低下していくのと同時にだいぶ低下してきている筈です。

しかも若い人ほどSNSなどの情報を手に入れ、嘘の情報に惑わされなくなってきています。

教職員も組合に加盟しない若い教師が増えている現状もあると思いますし、左翼思想に凝り固まっていた教師が定年を迎えている背景もあると思います。

左翼の労組は多少の違いはあるものの大体はこのような思想を持っています。

①9条を遵守すれば未来永劫日本は平和。
②戦前の日本の歴史は侵略の歴史。
国旗掲揚や国歌斉唱の拒否。
④教育に競争原理を持ち込ませない。

話になりません。

日本人をダメにしようとしているとしか思えません。競争原理など当たり前です。
ゆとり教育など結局は弊害でしかなかったではないですか。
正直、生徒からすれば勉学の邪魔としか思えない事ばかりしています。だから皆が塾で学ぶのです。塾の学力テストが指針になるのです。
私は教職員の仕事内容については詳しくはありませんが、
②非行やいじめ問題。
この2つが基本で後は枝の問題だと思います。 偉そうな能書きを垂れても、どの教職員組合もこの問題をいまだに解決できておりません。
学力については個々の能力や家庭環境もありますので永久に課せられる課題だと思いますが、私たちが懸念している「現状のおかしな教育」をなくすのは簡単です。
①在日教師及び思想が偏った人物を公務員として採用しない。文科省の以下の取り決めを廃止する。
文科省は「公務員に関する当然の法理」を前提として、

1)日本国籍を有しない者にも公立学校教員採用選考試験の受験を認め、

2)選考に合格した者については任用の期限を附さない常勤講師として任用するための措置を講ずるよう各教育委員会を指導したものであり、この結果、すべての都道府県・指定都市において、平成四年度教員採用選考試験から日本国籍を有しない者にも受験・採用の道が開かれた。

少年法の改正。※未成年でも悪質な犯罪には重い刑罰が必須、
いじめも含め、厳罰化されれば確実に減る。
③教職員組合は組合員の待遇等や教育関係に関連する以外のデモへの参加及び資金提供を法律で全面禁止し、組合員にも自制を促す。
全教=共産党
この3点でだいぶ変わると思うのですが・・・
※動画を見たら書きなぐってしまいましたが、
ようは、公立の学校に在日朝鮮人を教員にするなどおかしいという事です。
日本人が日本人を教育するのが当たり前だと思うからです。
これは差別ではありません。区別です。
そう思いませんか?