きゅうじのブログ はてな版~日本人として知るべき出来事。

きゅうじのブログアメブロ版のミラーサイトです。日本人自身が本当の歴史を知ることが一番大切だと思います。特亜の嘘に対して日本人の誰もが事実に基づききちんと反論することが大切だと思います。

★韓国に3年以上滞在の在外国民に兵役義務

※BGM


www.youtube.com

韓国に年以上滞在の在外国民に兵役義務 憲法裁が合憲判断

【ソウル聯合ニュース】韓国憲法裁判所は6日、兵役法施行令を巡り、在日韓国人ら韓国国籍を持つ在外国民2世らが3年を超え韓国に滞在した場合に兵役の義務が発生すると定めた条項を合憲とする判断を示したと伝えた。

海外生まれの在外国民は国外旅行許可を得る方法で37歳まで兵役を延期することができるが、兵役法施行令では18歳以上が3年を超えて国内に滞在する場合は兵役延期の対象外としている。

この条項は1994年1月1日以降に生まれた人に対してのみ適用されていたが、18年5月の改正で全ての在外国民が対象となった。

憲法裁判所は在外国民に対する特例の範囲は相当広いとして、国内に3年以上滞在する場合は生活拠点が韓国にあると見なし、特例から除外する合理的な理由があるとした。

また、94年1月1日以前・以後に生まれた人全員が兵役義務の履行を延期できる点で同じ条件だとし、出生年に関係なく特例から除外しても不合理とはいえないと指摘した。

在日ら在外国民への兵役義務に再検討要請 同胞団体=韓国

【ソウル聯合ニュース在日韓国人ら韓国国籍を持つ在外同胞に兵役の義務を課す兵役法施行令を巡り、関連団体が再検討を求めている。

同施行令によると、兵役免除対象の在外国民が韓国に3年以上滞在する場合、兵役の義務が発生することになっている。  

地球村同胞連帯(KIN)、朝鮮学校と共にする人々モンダンヨンピル、民主社会に向けた弁護士の集いの公益弁論センターなどは30日、同施行令について「在外同胞の基本権を侵害し、現実とかけ離れた関連法」とする声明を発表するとともに再検討を要請。

在外国民は選挙権も限定的に付与されるなど、国民としての権利を十分に保障されないまま、義務だけが課せられていると主張した。 

また、在外国民は韓国語を母国語としないため、軍生活に適応するのは難しいとし、兵役代替服務制度など現実的な案の検討を求めた。

在日韓国人が兵役を回避する手段として重国籍もしくは日本国籍を選択する韓国人男性がいるのも事実です。 

兵役義務がある韓国では、特に男性の重国籍者に対する見方は厳しいのです。

在日韓国人の重国籍者は、韓国籍でありながら兵役義務を免れるが、一方で選挙権は持っているのです。本国の人が不満に思うのも納得できます。

皆さんの会社の中にもいませんか?

義務を果たさず、権利ばかりを主張する輩が、

そんな社員は会社にとって正に人罪です。

在日韓国人は本国での「義務」があるのです。

「権利」を主張するのならば、まず義務を果たせ!!」です。

韓国籍待ってる者全て対象」

経済的にも現在、困窮している韓国人の立場になってみれば、在日韓国人治安もいい日本で、娯楽に溢れて食べ物も美味しく、韓国人の義務である兵役から逃れ、挙句の果てには生活保護で生活をしていると聞けば、韓国国民にとっては恨み骨髄の敵となります。

在日韓国人を帰国させ、 兵役に就かせ、財産も没収する考えが生まれても不思議ではありません。

今までは兵役を免除され、さらに入れ墨を入れていると兵役いけませんでしたが、韓国政府はそれも免除しました。

この兵役法は韓国国民のストレスを解消する上、韓国軍の兵力の補充、韓国経済も潤うという 一石三鳥の政策なのでしょう。

今までは、なんだかんだいって兵役を逃れてきた在日韓国人もいよいよ本国が本気になってきたと思った方がいいでしょう。

同時に納税義務も要求する筈です。

最終的にズバリ、「在日の強制帰国」に繋がっていけば幸いです。

 

 

 

アメブロ版 裏

アメブロ版